くらし情報『ご祝儀のマナーが知りたい!ご祝儀袋の書き方や気になる金額とは?』

2018年9月19日 11:22

ご祝儀のマナーが知りたい!ご祝儀袋の書き方や気になる金額とは?

ご祝儀のマナーが知りたい!ご祝儀袋の書き方や気になる金額とは?

結婚式にお呼ばれしたときのご祝儀の正しいマナーを知っていますか?相手にお祝いの気持ちが100%伝わる、ご祝儀袋の書き方や包み方、気になる金額のマナーをご紹介。気持ちが伝わるご祝儀で、お祝いしてみませんか。

ご祝儀袋の選び方

ご祝儀のマナーが知りたい!ご祝儀袋の書き方や気になる金額とは?
のしと水引
「のし」がついたご祝儀袋を選びましょう。かつて贈りものの際には“生ものを添えました”の意をこめて、生ものの象徴“干したアワビ”を送っていました。それが由来となり現代では簡略化され、印刷されたものになっています。

包み紙などにかける帯紐「水引」は、10本結び切りのものがベスト。蝶結びは何度もほどいて結び直せることから、婚礼には相応しくありません。一般的に婚礼には「白×赤」「金×銀」の色を選びましょう。近年は、「慶事用」と明記して販売されているものがほとんどなので、それを選べばOK

金額とのバランス
包む金額とご祝儀袋の装飾は、釣り合うようにしましょう。たとえば3万円包む場合は、300円のご祝儀袋を選ぶなど、包んだ金額の100分の1の値段のご祝儀袋が良いとされています。

表書きの書き方

ご祝儀のマナーが知りたい!ご祝儀袋の書き方や気になる金額とは?

黒の毛筆、筆ペンで書きます。薄墨は弔事用(涙で墨が薄くなったことを表す)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.