くらし情報『「ハーブ」は品種によって育て方が全然違う!オススメ9種の育て方』

2018年8月19日 11:50

「ハーブ」は品種によって育て方が全然違う!オススメ9種の育て方

最近はこういう“うさぎの耳”のようなフリフリのあるフレンチラベンダーをよく見かけますね。
2.タイム
タイム

タイムはお料理にも使えますが、匍匐性でとても強く、踏んでも枯れないので、グランドカバーに最適です。

ぐんぐん広がってくれるので、雑草避けに植えておくと、見た目も香りも良くて一石二鳥です!

植えっぱなしでOKで、育てるのに手間がかからないので、オススメです。

春には、こんな姿を見せてくれますよ。
3.オレガノ(オレガノケントビューティー他)
オレガノ

オレガノもお料理にも使える種類も豊富ですが、花オレガノという種類は食用ではなく観賞用です。

観賞用というだけあって、その姿はとても魅力的です。

葉の色、花の形もとても美しく、とても印象的なハーブです。

上の写真はオレガノケントビューティーです。垂れるように成長し、葉の間からピンクの花を咲かせます。

■ 植え方を間違えると大変!要注意のハーブ3種
人気が高いハーブだけれど、うっかり植えると庭じゅうに増えてしまったり、ものすごく大きくなる、要注意ハーブを取り上げます。1.ミント
ミント

香りがよく、ハーブティーにもなる、人気のハーブですが、ものすごく強健です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.