くらし情報『「ハーブ」は品種によって育て方が全然違う!オススメ9種の育て方』

2018年8月19日 11:50

「ハーブ」は品種によって育て方が全然違う!オススメ9種の育て方

地下茎で増えていくので、地面に出ているところをどれだけ抜いても駄目で、またすぐに生えてきます。

周りにある植物を駆逐してしまう恐れがあるくらい強い生命力なので、そのまま植えるのは厳禁。

庭中ミントだらけになってしまいます。

でも、とても魅力的なハーブで、オレンジミント、キャンディミント、オーデコロンミントなど、香りの種類も豊富なので、植え方に注意して楽しみましょう。上の写真はパイナップルミント。斑入りが美しい、パイナップルがほんのり香るミントです。
2.ワイルドストロベリー(イチゴ類)
ワイルドストロベリー

ストロベリー類(イチゴ類)は、花も実も可愛く、また収穫もできて一石三鳥。とても魅力的なハーブです。

ただイチゴ類も、条件が揃うとランナーという茎を伸ばして次の場所へ増えていくので、気が付かないうちに生えてほしくないところにイチゴ苗が……ということになってしまうかも。

植え方に注意しながら楽しみたい一種です。
3.ユーカリ
ユーカリ

香りもよく、丸みを帯びた葉っぱも可愛くて、近年人気のハーブです。

枝を切って飾ってもよし、他のお花の引き立て役にしてもよし、とても優秀です。

しかし、ユーカリも生育旺盛で、ぐんぐん伸びていきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.