プルデンシャル生命の「米国ドル建てリタイアメントインカム」の利回りや評判は?

「自分にプルデンシャル生命の保険がおすすめなのか知りたい」という方は、

自分で調べるより保険のプロに相談するのがおすすめです!


スマホ1つでオンライン相談もできるのでぜひ無料保険相談を利用してみてください!

今ならライフプランの教科書(書籍)無料でもらえます!

おすすめの外貨建て保険を知りたい方は、おすすめ外貨建て保険ランキングをご覧ください!

プルデンシャル生命「米国ドル建てリタイアメントインカム」の評判・口コミは?

※クラウドワークスで調査

円に換算する特約があるので安心

老後の年金として加入しました。外貨建てですが、円に換算する特約をつけておけばドルを円に換算した金額で保険料の支払いや保険金の受け取りができるのが安心できるしとても魅力的でした。

保障もしっかりしている

保障もあって年金にもなるということでこちらへの加入を決めました。年金受け取り前に死亡した場合は死亡保険金も受け取れて安心です。外貨建てなのでもちろんリスクはありますが、今のところは加入して良かったと思っています。

国の年金だけでは不安で加入しました

国民年金だけでは不安だったので加入しました。死亡保険も付いているので自分が死んでも家族が露頭に迷うことはないので安心できます。長期的な運用になりますが、将来のために頑張ります。


「結局自分には、プルデンシャル生命の保険は合っているのかな?」という方は、保険のプロに相談するのがおすすめです!


保険会社の営業マンと違って複数の保険会社の商品を提案できるので、あなたに1番合った保険に加入することができます!

スマホ1つでオンライン相談も可能ですのでぜひ相談予約してみてください!
おすすめ保険相談窓口はこちら
マネーキャリア相談
相談員の数は業界トップクラス&ベテラン揃い
保険見直しラボ
最大31社の保険商品を比較可能

プルデンシャル生命の「ドル建てリタイアメントインカム」とは?養老保険の側面も!

プルデンシャル生命の「ドル建てリタイアメントインカム」とは、どんな保険なのか見ていきましょう。


ここでは、

  • 保険内容や保険料などの基本情報
  • 予定利率の推移
以上について解説していきます。

口コミなどを知る前に、まず基本である保険情報をしっかりチェックしておきましょう。

保障内容や保険料、返戻率のシミュレーション

プルデンシャル生命の「ドル建てリタイアメントインカム」の保障内容を見ていきます。

  • 死亡・高度障害時の保障
  • 満期保険金もしくは終身年金から選択できる

年金でお金を受け取れるほかにも、死亡保険も兼ね備えた養老保険となっています。0歳から60歳までの間であれば加入可能です。

では、保険料について解説します。保険料は、月払いと半年払い、年払いから選べます。こちらの保険は、米ドルでの取り扱いですが日本円での支払いも可能です。

ただし、為替手数料が25銭(0.25円)必要となります。返戻率のシミュレーションは以下の通りです。

  • 契約年齢:30歳
  • 保険料払込期間:60歳満了
  • 年金開始年齢:60歳
  • 月払保険料:445.00米ドル
  • 為替レート:1米ドル=100円

経過年数積立金額返戻率
5年26,700ドル
76.2%
10年53,400ドル91.2%
15年80,100ドル98.1%
20年106,800ドル105.8%
25年133,500ドル114.3%
30年160,200ドル123.5%
こちらは、満期保険金となります。20年の確定年金にすることで、ほぼ150%の返戻率になります。

とはいえ、満期保険金を受け取るのも返戻率は申し分ないですね。100%を軽く超えているのは驚きです。

「ドル建てリタイアメントインカム」の予定利率の推移

プルデンシャル生命の「ドル建てリタイアメントインカム」の予定利率の推移を見てみましょう。

契約日最低保証利率
2000年9月4日~2001年4月1日年1.50%
2001年4月2日~2007年4月1日年1.00%
2007年4月2日~2013年4月1日年1.00%
2013年4月2日~2017年4月1日年1.00%
2017年4月2日以降年0.25%


こちらの表はあくまで目安となり、皆さんに当てはまるかどうかはわかりません。さらに、金利情勢などによって、変化します。

「ドル建てリタイアメントインカム」のおすすめ運用プランは?

プルデンシャル生命の「ドル建てリタイアメントインカム」のおすすめ運用プランを紹介します。今回は、1ドル=100円で計算しています。


  • 契約年齢:24歳(60歳まで36年間支払う)
  • 毎年3,762ドル(約37万円ほど)、36年間で約135,432ドル支払う
  • 60歳で一括受取を行うと219,131ドル(約2191万円)受け取れる
  • この場合の返戻率は161.8%
  • 10年確定年金の場合:250,297.20ドルが受け取れる(返戻率184.8%)
このケースだと、24歳と比較的若い年齢から加入しています。10年確定年金にすると返戻率184.8%とかなり高くなりますね。

将来への積み立てとして、とても良い保険であることがわかります。

プルデンシャル生命の「ドル建てリタイアメントインカム」の加入を具体的に検討するなら、無料保険相談で保険のプロの話を聞いてみましょう。今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決してみてはいかがでしょうか。 

おすすめ保険相談窓口はこちら
マネーキャリア相談
相談員の数は業界トップクラス&ベテラン揃い
保険見直しラボ
最大31社の保険商品を比較可能

「ドル建てリタイアメントインカム」に加入するメリットとは?

プルデンシャル生命の「ドル建てリタイアメントインカム」に加入するメリットについて解説します。


メリットとして考えられるのは、以下の通りです。

  1. 円建て保険より利回りがいい
  2. 満期保険金の受け取り方法を3つから選べる
  3. プルデンシャル生命が破産しても保障がある

この3つのメリットについて、詳しく解説していきます。

メリット①円建て保険よりも高い利率(利回り)で運用できる

やはり大きなメリットとして考えられるのは、円建て保険より高い利率で運用できることです。


もちろんですが、契約のタイミングによって利率は変動します。しかしそれでいても、円建て保険より高い利率である可能性はとても高いです。


資産があり、少しでも効率よく運用したいのであれば、断然「ドル建てリタイアメントインカム」がいいといえるでしょう。

メリット②満期保険金の受け取り方を3種類から選択できる

プルデンシャル生命の「ドル建てリタイアメントインカム」の満期保険金の受け取り方法は3種類あります。


保証期間付終身年金では、5・10・15・20年から期間を選択しておけば、生死を問わずに年金が受け取れます。期間を過ぎても生きていれば、年金を受け取り続けられるのが魅力的です。


確定年金では、受け取り期間を5・10・15・20年から選べます。保険金を年金として、分割で受け取っていく方法です。


万が一、年金を受け取っている最中に死亡しても、保険金の残りを一時金として受け取れます。


保証期間付夫婦連生終身年金では、選択した期間内であれば、生死を問わずに年金が受け取れます。こちらも5・10・15・20年から選べます。


保証される期間を過ぎていても、夫婦のどちらかが生きていれば続けて年金を受け取れます。


保証期間付終身年金を選択できるのは、「ドル建てリタイアメントインカム」のメリットとも言えます。


必要だと感じた受け取り方法を選択できるのは、大きな強みですね。

メリット③万一プルデンシャル生命が破綻しても保護される

もし、プルデンシャル生命が破綻したとしても契約者を保護してくれる制度があるので心配はありません。


契約者を保護してくれる生命保険契約者保護機構とはいったいどんなものなのでしょうか。


万が一、生命保険会社が破綻してしまった場合、保険会社そのものに信頼をおけなくなってしまいます。


そこで、生命保険会社への信頼を保つことができるように作られた法人です。


主に、保険金の支払いや保険契約の転移などを行ってくれます。余計な心配をせずとも、保険契約できるのはとてもありがたいですね。

「ドル建てリタイアメントインカム」に加入するデメリットはある?

プルデンシャル生命の「ドル建てリタイアメントインカム」に加入する際のデメリットについて解説します。


ここまでメリットを解説してきましたが、もちろんデメリットも考えられます。考えられるデメリットとしては、以下のものがあります。

  1. 為替の影響を受けてしまう
  2. インフレのリスクに対応しきれない
  3. 途中解約をすると元本割れリスクがある

外資建て保険だからこそのデメリットもありますね。では、詳しく解説していきます。

デメリット①為替の影響を大きく受ける

国内で販売されている保険であれば、基本為替のことなど考えなくてもいいです。しかし、外資建て保険ですと為替の影響を大きく受けてしまいます。


「ドル建てリタイアメントインカム」についても、ドルで支払ってドルで受け取るので為替の影響を受けるのは当たり前です。


たとえば、1ドル=100円で全く為替が変動しなかった場合、150%の返戻率でお金が戻ってくるだけです。


しかし、毎月400ドルを1ドル120円で30年間支払い、受取時には1ドル80円になってしまっていた場合はこちらです。

  • 総支払金額:17,280,000円(400ドル×12ヵ月×30年×120円)
  • 受取額:17,280,000円(400ドル×12ヵ月×30年×80円×150%)

支払い金額と受取金額が全く同じ金額になってしまいます。


30年後に円高が進んでいれば、このような事態も捨てきれません。可能性は低いといわれていますが、まったく可能性がないというわけではないので頭に入れておくといいでしょう。

デメリット②インフレのリスクに対応しきれない

インフレとは、物の価値が上がってお金の価値が下がることを言います。例えば、今まで100円で購入できていたものが、120円に値上げされると物の価値は上がりましたが、お金の価値は下がったことがわかります。


インフレが起こってしまうと、金利は高くなります。しかし、「ドル建てリタイアメントインカム」のような長期にわたって保険料を支払っていく保険では、契約時の金利がずっと続きます。


つまり、今後もしインフレが起こってしまうと今保険に加入している方は損をしてしまう可能性があるということです。このような事態に対応できないことも覚えておきましょう。

デメリット③途中解約をすると元本割れ(減額)のリスクがある

途中で解約してしまうと、元本割れのリスクがあります。他の保険でもそうですが、途中で解約してしまうと、どうしても元本割れのリスクは捨てきれません。


「ドル建てリタイアメントインカム」では、解約返戻金支払い時に解約控除という仕組みが作られています。


この解約控除とは、解約時に積立や責任準備金から手数料を差し引いて解約返戻金を算出する制度です。


契約して充分立っていないうちに解約されてしまうと、保険会社側も損になってしまいます。回収しきれなかった分を補うために解約控除という制度が作られています。


契約者としてはちょっと「ん?」と思ってしまうかもしれませんが、運営者がいる限り仕方のないことですね。途中解約はできるだけ避けたほうがいいといえるでしょう。

参考:解約するよりも払い済み保険に変更するのがおすすめ!

「ドル建てリタイアメントインカム」を契約したけれど、保険料の支払いが困難になってしまった場合に解約を考えてしまうかと思います。


しかし、解約は元本割れのリスクがあるためおすすめできません。

どうしても保険料の捻出が行えない場合、そのタイミングで解約するのではなく払い済み保険に変更することをおすすめします。


払い済み保険とは、契約を継続させたままで保険料の支払いを中止し、保障額の少ない保険へ切り替えることを言います。


この方法であれば途中で保険料の支払いをしなくなっても、時期になればしっかり年金としてお金を受け取れます。もちろん、解約も行わないので元本割れのリスクもありません、

「ドル建てリタイアメントインカム」の解約返戻金にかかる税金

「ドル建てリタイアメントインカム」の解約返戻金を受け取った場合の税金について解説します。


例えば、「ドル建てリタイアメントインカム」への支払額と受け取った額を比較して、受け取った額が大きければその差額は所得となり、税金の支払いが必要です。


一時所得については、50万円の特別控除があるので50万円を超える分が課税対象となります。


ただし、源泉分離課税が適応されるケースもあるため、詳しい詳細は保険会社へ確認する必要があります。


税金に関してはさまざまな控除や課税方法などがあり、受け取り方法によっては一時所得になったり、雑所得になったりします。


詳しく知りたい方は保険のプロへ相談してみるといいでしょう。


プルデンシャル生命の「ドル建てリタイアメントインカム」の税金について、もっと詳しく知りたければ、無料保険相談で保険のプロの話を聞いてみてはいかがでしょうか。今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう。

おすすめ保険相談窓口はこちら
マネーキャリア相談
相談員の数は業界トップクラス&ベテラン揃い
保険見直しラボ
最大31社の保険商品を比較可能

「ドル建てリタイアメントインカム」がおすすめな人とおすすめできない人

プルデンシャル生命の「ドル建てリタイアメントインカム」がおすすめな人とそうでない人を紹介します。


おすすめできる人は以下に当てはまる方です。

  • 資産分散をしたい方におすすめ
  • 年金としての役割と死亡保険としての役割に魅力を感じた方
  • 年金受け取り方法を自由に選択したい方
  • リスクをしっかり理解した、知識がある方
やはり、ドル建てということもありますのでそれなりの知識が必要です。

保障内容もシンプルなので加入のしやすさはありますが、デメリットの内容だけはしっかり理解して納得したほうがいいでしょう

おすすめできない人は以下に当てはまる方です。
  • 為替がよくわからない
  • インフレなどのリスクに対応しきれない
円建て保険との違いをしっかり把握し、加入を検討してくださいね。

ジブラルタ生命の「ドル建てリタイアメントインカム」との違いは手数料

プルデンシャル生命の「ドル建てリタイアメントインカム」と同じような保険商品には、ジブラルタ生命の「ドル建てリタイアメントインカム」があります。


同じ保険商品名をしていますが、もちろん違いがいくつかあります。一つ目に説明する違いは、セールスの手数料です。


契約年数18年以上でジブラルタ生命の場合は初年度手数料65%、プルデンシャル生命の場合は50%以下となっています。


他にも、プルデンシャル生命の場合は法人契約可能ですが、ジブラルタ生命では法人契約できない仕組みになっています。


プルデンシャル生命のセールスを行っている方からすれば、ジブラルタ生命のほうが手数料も多いため、少し損をしている形になりますね。


同じような商品なだけあり、こういった違いは販売者にとって大きな問題なのかもしれません。

プルデンシャル生命「ドル建てリタイアメントインカム」のまとめ


プルデンシャル生命の「ドル建てリタイアメントインカム」について解説してきましたが、いかがでしたか?


この記事のポイントは、

  • プルデンシャル生命の「ドル建てリタイアメントインカム」は、養老保険と死亡保険を兼ね備えた外資建て保険である
  • 外資建て保険ならではのデメリットもあるが、資産運用を効率よく行いたい方にとってはメリットが大きい保険
  • 保険金の受け取り方法を3種類から選択でき、非常に自由度の高い保険である
でした。

プルデンシャル生命の「ドル建てリタイアメントインカム」は、老後に備えた資産運用ができる保険です。これから先の生活に不安を感じている方にとっては、とてもうれしい保険となるでしょう。

もちろん、為替レートなどをしっかり確認してタイミングを見ながら加入することもとても大切になります。

そこまで大きな変動はなくとも、やはりしっかり調べて知識をつけておいた方が安心できるといえるでしょう。

おすすめの記事