くらし情報『【持続可能な恋ですか? 第5話 感想】それぞれの『会いたい』 杏花と林太郎の親子が見つけたもの』

2022年5月24日 18:29

【持続可能な恋ですか? 第5話 感想】それぞれの『会いたい』 杏花と林太郎の親子が見つけたもの

目次

・林太郎がお見合いを続ける理由
・オレンジのストールをきっかけに変わる2人の関係
・「会いたいと思える人と、会える今を大切にしたい」
・晴太らしい返答にグッとくる
※写真はイメージ

Twitterで人気ドラマの感想をつづり注目を集める、まっち棒(@ma_dr__817125)さんのドラマコラム。

2022年4月スタートのテレビドラマ『持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜』(TBS系)の見どころや考察を連載していきます。

過去を乗り越えるためにも、何かを成し遂げるためにも、前を向くことは大切なことだ。

だが同時に自分の本当の気持ちに蓋をしていることに気づきにくくなる。

第5話ではそんな『前を向くこと』や『会いたい』という気持ちに寄り添っていく。

セミナー最終日、杏花(上野樹里)への想いが募り、杏花を抱きしめた晴太(田中圭)だったが、そんな二人を颯(磯村勇斗)が目撃してしまう。

晴太は颯に気づき、ふと我に帰ってお別れのハグと誤魔化すだけ。

セミナーも終わり、会う理由がなくなってしまった二人であるが、心の中では『会いたい』という気持ちを募らせていた。

林太郎がお見合いを続ける理由

独立に向けて全力を尽くすことを決めている杏花だったが、林太郎(松重豊)は本当にそれで幸せなのかと疑問に思っていた。

亡き妻・陽子(八木亜希子)の手紙の言葉を受け、親子で始めた婚活。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.