くらし情報『【持続可能な恋ですか? 第7話 感想】杏花と晴太、結婚願望のない2人が決めたルール』

2022年6月6日 19:00

【持続可能な恋ですか? 第7話 感想】杏花と晴太、結婚願望のない2人が決めたルール

目次

・杏花と晴太が決めたルール
・明里の中で変化していく、林太郎の存在
・一方、娘・杏花のデートは?
【持続可能な恋ですか? 第7話 感想】杏花と晴太、結婚願望のない2人が決めたルール

Twitterで人気ドラマの感想をつづり注目を集める、まっち棒(@ma_dr__817125)さんのドラマコラム。

2022年4月スタートのテレビドラマ『持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜』(TBS系)の見どころや考察を連載していきます。

忙しない日常の中で、ただ今を感じる時間を過ごせることは少ない。変わらない毎日の繰り返し、そこに何の意味も見出せず、自分にも周りにも不誠実とさえ感じる時がある。

偶然、杏花(上野樹里)と林太郎(松重豊)が、それぞれがデートに出かけることになった第7話では、そんな『今やかけがえのない時間』が描かれる。

杏花と晴太が決めたルール

キャンプから帰った夜、沢田宅から出て行ってしまった颯(磯村勇斗)を皆心配していたが、颯は商談のためフランスに来ていた。

キャンプの朝、同じテントから出てきた杏花と晴太(田中圭)を見たときの切なげな表情はもう颯にはなかった。

失恋した男は旅に出る…のジンクスは破られたのだ。

「俺も何事も諦めが悪いからね」

そう、強気な顔で語る颯。

『家族になってしまった』杏花への初恋はまだ諦めるつもりはない。

まだまだ杏花をめぐる三角関係のバトルは終わっていなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.