ビーウィズユープラス2の評判・口コミは?デメリットを知らないと後悔するかも

※本記事で紹介しているサービスにはPRが含みます。

こちらのページの情報は当サイトが独自に調査したものになります。

加入を検討されている方は必ず約款などで保障内容をご確認ください。

▼この記事を読んで欲しい人
  • 生命保険を考えている方
  • 資産運用を考えている方
  • ビーウィズユープラス2をすすめられたが、自分に合っている保険が分からない方

▼この記事を読んで分かること
  • ビーウィズユープラス2の基本情報
  • 外貨建て一時払い生命保険のメリット・デメリット
  • 損をしないビーウィズツープラス2の運用方法

ビーウィズユープラス2の評判・口コミ

※口コミはインターネットアンケートで募集

募集期間:2023年7月~2023年8月

円建て保険と比較して、ビーウィズユープラス2は外貨建てなので運用利率が高く、期待できるリターンも大きいです。これから老後に向けての資産形成に大いに役立ってくれそうです。
他の保険には解約控除があるものが多いですが、この保険は解約控除がないので途中で解約することになっても大丈夫だという、かなり安心感があります。これは非常に大きなメリットだと感じました。
日本円しか持っていなかったので、通貨リスクを分散したくてビーウィズユープラス2に加入しました。これで少しはリスクを軽減できると考えています。
私は以前から持っている慢性的な健康問題があるので、健康告知が必要ないというのは非常に魅力的でした

知らないと後悔?ビーウィズユープラス2のデメリット


ビーウィズユープラス2は基準利率が高金利で設定されており、また保証期間を固定された状況で運用が可能と評判です。


しかしビーウィズユープラス2には外貨建て終身保険ならではのデメリットも存在しており、知らないと後悔してしまう…なんてことにもなりかねません。

  • 為替リスクがあり、さらに手数料が他社と比較して高め
  • 契約して短期間での解約は元本割れの可能性がある
  • 市場価格調整がある
デメリットをしっかりと理解した上で保険の加入を検討していきましょう。

為替リスクがあり、さらに手数料が他社と比較して高め

円を外貨に換算する際、為替相場の変動によりその都度レートは変わってきます。


そのため保険金受取時の円換算額が、一時払保険料や契約時の為替相場による円換算額を下回る「為替リスク」が生じるケースがあります。


保険金受取金や保険金は、為替相場によって変わってくるため時期については注意が必要です。


またビーウィズユープラス2は基準利率が高金利で設定されている点が評判ですよね。しかし一時払保険料からは保険手数料や為替手数料が引かれ、手数料を差し引いた積立金に対して運用される仕組みなのです。


そして為替手数料が1銭で設定されている会社がある中、ビーウィズユープラス2の為替手数料は50と少し高めの設定です。

契約して短期間での解約では元本割れの可能性がある

ビーウィズユープラス2を短期間で解約するのことはおすすめできません


なぜなら満期まで契約を続けなかった場合は、市場価格調整があるため元本割れを起こして損をしてしまう可能性があるからです。


元本割れを起こした状態で解約すると、一時払金として契約時に支払った金額より下回った金額で解約返戻金を受け取ることになってしまいます。


このようなことからビーウィズユープラス2を契約する際は、緊急時にお金が必要になり、短期で解約することがないような余裕資産を持った方へおすすめします。


パンフレットによると満期については、契約日時点でメットライフ生命が基本保険金額の最大化を目指して設定した期間での契約になるため、自分で期間を設定することはできません。

市場価格調整がある

積立利率改訂時(所定の基準利率保証期間ごとの年単位の契約応答日)に解約しない限り、市場価格調整がかかってしまいます。


市場価格調整は保険会社が契約時に保有した債券を売却し、生じた損益で解約返戻金を調整する手法のことです。


債券の時価は変動があるため、契約時の市場金利と解約時の市場金利によって解約返戻金は増減します。


例えば

  • 契約時の市場金利4.00%で、解約時の市場金利5.00%の場合→解約返戻金は減少する。
  • 契約時の市場金利4.00%で、解約時の市場金利3.00%の場合→解約返戻金は増加する。

となります。


また積立利率改訂時は市場価格調整は適応されないため、所定の基準利率保証期間終了後に解約すれば影響を受けることなく契約を終了することができます。

ビーウィズユープラス2のメリット


ビーウィズユープラス2は長期的に保険金を運用することによって、老後の自分自身や家族に資産を残すことができたり終身保険ならではの大きな保障を得たりすることが可能なことで評判です。


上記ではデメリットを紹介してきましたが、他社にはないような魅力的なメリットも存在します。


ビーウィズユープラス2のメリットは以下の3つです。

  • 健康告知ありとなしのいずれかを選択できる
  • 円建てと比較して運用利率が高い
  • 解約控除がない
それぞれについて詳しく解説していきます。

健康告知ありとなしのいずれかを選択できる

外貨建てだとしても保険商品なため、健康告知が必要なケースが多いです。


しかしビーウィズユープラス2では健康告知ありなしのいずれかを選択でき、告知なしでの契約が可能です。


そのため告知なしの場合はガン患者さんでも契約ができることで評判であり、保険を活用して資産運用や家族に資産を残すことができます。


他社の場合は「過去5年以内に病気やケガで7日間以上の入院歴があるか」などのように、ケガの告知までもが必要になることがあります。


ビーウィズユープラス2の質問項目には、「過去3ヶ月以内の入院・手術歴があるか」や「過去5年以内にガンを含む重度の疾患歴があるか」など、比較的簡単な質問内容なため保険契約のハードルが他社と比べて低いと言えるでしょう。

円建てと比較して運用利率が高い

外貨建て保険のメリットは、円よりも金利の高い傾向にある外貨金利で運用できることです。そのため外貨建て保険は、円建て保険よりも高いリターンが期待できるでしょう。


例えば満期や解約時に、円安傾向の場合は保険金や契約返戻金は増加します。


それに反して満期や解約時に、円高傾向の場合は保険金や契約返戻金が減少してしまうため、解約時期や外貨から円に換算する際は利益が出るタイミングを確認することが大切です。


また円のみで保有資産を持っている方は、外貨で保有資産を持っておくことで、通貨リスクを分散することができます。外貨に比べて自国通貨の金利は低く、保有資産の価値が下がるリスクを回避することができるでしょう。

解約控除がない

通常は保険契約の途中解約による解約返戻金を計算する際は、保険金の積立金から解約控除が差し引かれます。


しかしビーウィズユープラス2には解約控除がなく、契約を終了し保険料を受け取れることで評判です。


ビーウィズユープラス2の途中解約には市場価格調整が行われるため、契約時と解約時の市場金利の差によって解約返戻金の増減が決まります。


つまり、もし解約時に契約時よりも高い市場金利だった場合は、解約返戻金は減少してしまいますよね。


そうならないための対策としては二つあります。満期まで保険の加入を続けること。そして解約返戻金を受け取って、円安になるまで外貨のまま預けることができる預金口座に預けて回避する方法があります。

ビーウィズユープラス2の基本情報

それではビーウィズユープラス2の基本情報を詳しく説明していきます。


健康告知あり健康告知なし
保険期間終身終身
保障内容死亡保険
高度障害保険
死亡保険
基準利率
保証期間
標準期間(5年・
10年・15年・
20年・25年・
30年)のうち、
メットライフ生命
が定める期間

20年または30年
のうちメットライフ
生命が定める期間

保障開始期間契約後すぐ
契約1年後から
運用開始期間契約当初から契約1年後から
支払い方法
一時支払い/
メットライフ生命
指定口座へ振り込み
一時支払い/

メットライフ生命
 指定口座へ振り込み
運用通貨USドルUSドル
最低保障
基準利率
年2.00%年1.50%
契約者の
年齢範囲
0歳〜満100歳0〜満100歳
被保険者の
年齢範囲
0歳〜満85歳満40〜満85歳
保険料を
円で支払うときの
為替手数料
50銭契約後2年間は
手数料なし/
2年以降は50銭
外貨入金特約
の場合の手数料
(払込/受取)
25銭25銭

このように健康告知ありなしのプラン別に保障内容や、細かい部分が異なるため、契約前にしっかり確認をしておきましょう。



※2023年8月時点の情報です。最新情報は公式サイトでご確認ください

ビーウィズユープラス2がおすすめな人


ビーウィズユープラス2は他社と比べても高金利で利回りが良いことで評判ですが、運用方法を理解していれば高いリターンを期待できる保険です。


今までビーウィズユープラス2の基本情報やメリットデメリットを解説してきました。それではビーウィズユープラス2の契約におすすめな人の特徴を挙げていきます。

  • 外貨建ての保険商品に抵抗がない人
  • 健康不安を抱えているが保険に加入したい人
それではこちらの2つについてもそれぞれ詳しく説明していきます。

外貨建ての保険商品に抵抗がない人

外貨での運用に抵抗がない方は外貨建て保険がおすすめです。


外貨建て保険は市場環境に大きく影響されます。それにより円で保険金を受け取るためには、変動の激しい為替レートで円換算をしなければならないので、元本が保証されていません


契約時の一時払金や保険金が受け取り予定金額より下まって、損をしてしまう場合があるのです。


そして次の3つが円建て保険にない、外貨建て保険の特徴です。

  • 為替リスク
  • 市場価格調整
  • 円換算時の為替手数料
毎日変わる市場環境の流れを敏感に察知し、しっかりと理解する必要があります。

市場環境の変化に抵抗がない方は、円建て保険より高金利利回りが良い外貨建て保険での資産運用に向いていると言えるでしょう。

健康不安を抱えているが保険に加入したい人

ビーウィズユープラス2では健康告知ありなしのいずれかを選択して加入することが可能です。


保険商品のほとんどは健康告知が必要なケースが多く、またその質問項目のハードルが高めに設定されています。


ビーウィズユープラス2の健康告知なしプランは、職業の告知は必要になりますが健康状態についての質問項目がなく、健康不安を抱えているが保険に加入したい方から評判です。


さらに告知なしの場合、契約から2年間は保険金として、一時払金の円換算額と同額を円で保証されます。2年後からは一時払金の円換算に為替手数料がかかってしまいますが、死亡保険金に外貨建ての最低保証が付きます。


ビーウィズユープラス2は保障が付く上で、資産運用と家族に資産を残すことができるため、健康状態に不安を抱えている方の保険加入におすすめです。

ビーウィズユープラス2をおすすめできない人


ビーウィズユープラス2は終身保険の保障が付き、資産運用ができる保険商品です。


一時払金から保険の諸費用や手数料が引かれた積立金から運用がされるため、短期間での解約は元本割れしてしまう可能性が大きいです。


そのため長期で加入することを見越した契約が望ましい保険商品となります。


ビーウィズユープラス2をおすすめできない人の特徴が次の2つです。

  • 保障と資産運用は分けて考えたい人
  • 一時払いで支払う余裕資金のない人
それぞれ詳しく説明していきます。

保障と資産運用は分けて考えたい人

ビーウィズユープラス2の保障内容は、健康告知あり・なしによって死亡保険金のみと高度障害保険金の両方が保障されます。

ビーウィズユープラス2のメリットは保障付きで、円建て保険より高い利回りで資産運用ができる点です。

内訳は掲載されていませんが、保障の費用として毎月積立金から保険料が差し引かれるため、短期での運用性は低いと言えるでしょう。

もし保険目的でなく運用性を重視してビーウィズユープラス2の契約を検討している場合は、保険商品以外で積立目的などの金融商品の契約を選ばれることをおすすめします。

保険契約前は自分に合った保険内容か、自分に必要な保険内容なのか、十分に確認し納得した上で契約を行いましょう。

一時払いで支払う余裕資金のない人

外貨建て保険の支払い方法は一般的に2つ存在します。
  • 一時支払い:保険期間分の保険料を契約時に一括で支払うこと。
  • 平準払い:保険期間中の保険料を分けて払い込むこと。(月払い、半年払い、年払いなどがあります)
ビーウィズユープラス2は支払い方法は一時支払いです。

また契約時の基本保険金額は最低金額で3万ドル(300万円)です。

パンフレットによると申し込みの際は、借入れを禁止しています。解約返戻金を円換算した場合に元割れをする可能性があり、金融機関などからの借り入れにより一時払金にあてた場合には借入元利金などの返済が困難な場合があるためです。

ビーウィズユープラス2の契約は、借入れの必要がなくまとまった金額を一時払いにあてたとしても、問題なく生活ができる余裕資産のある方が望ましいでしょう。

ビーウィズユープラス2を他社商品と比較

ビーウィズユープラス2と同じ外貨建て終身保険で比較をしていきます。


ソニー生命の米国ドル建て一時払終身保険と比較

ビーウィズユー
プラス2
ソニー生命
死亡保険金額定額1年ごとに上がっていく
最低保障
基準利率
告知あり:
年2.00%
告知なし:
年1.50%
年1.65%
為替手数料50銭1銭
契約年齢範囲0〜満100歳男性:
満50歳〜満85歳
女性:
満50歳〜満90歳
取扱保険金3万ドル〜
(300万〜)
1万ドル〜
(100万〜)


ビーウィズユープラス2の良い点

  • 最低保障基準利率が高い
  • 契約年齢の幅が広い


ソニー生命の良い点

  • 死亡保険が契約後15年間は1年ごとに上がる
  • 為替手数料が安い


ビーウィズプラス2とソニー生命の違いは、死亡保険金です。


ソニー生命の1年ごとに保険金が増加する点は、運用するにあたって注目するべきポイントですよね。しかしビーウィズユープラス2は最低保障基準利率が高いため、こちらも運用性が高いと言えるでしょう。


どちらにも魅力的な保障や特約があるため契約で迷った場合は、一度専門のアドバイザーに相談することをおすすめします。

まとめ:ビーウィズユープラス2の評判・口コミは?デメリットを知らないと後悔するかも

ビーウィズユープラス2の評判を基に、メリットデメリットを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?


今回の記事のポイントは

  • 外貨建て保険には為替リスクがあるため、市場の流れを理解しておく必要がある
  • 契約して短期間での解約は、元割れの可能性が高いので、基本的には満期までの加入がおすすめ
  • 健康告知あり・なしが選択でき、健康に不安がある方でも契約のハードルが低い
  • 外貨で資産を保有しておくことで、通貨リスクを分散できる
  • 一時払い保険は急に解約が必要になることがない、余裕資産を持った方におすすめ
でした。

ビーウィズユープラス2は、メリットデメリットをしっかりと理解していれば資産を有効に運用ができる評判の高い保険商品です。

契約を検討している方は本当に自分に合った保険なのか、一度専門のアドバイザーに相談してみてもよいでしょう。

おすすめの記事